株式会社

ドローン購入の流れ

飛行区域や墜落原因などドローンの基礎知識

航空法の改正により、ドローンを飛ばす場所には規制が設けられています。そのためドローンの飛行可能区域や許認可を理解した上で、ドローンの操縦を行うことが必要です。

ドローンの操作にまだ不慣れの場合には、ドローンをうまく扱うことができずに墜落させる危険性もあります。事前にドローンに関する知識や特徴、危険性などを正しく知っておくことで思わぬ事故を回避することができます。ドローンを安全に飛ばすための基礎知識をお伝えします。

 

1.改正航空法とは

2015年12月10日に航空法改正でドローンに関する法令が定められ、ドローンを操縦する場所や飛行方法に対して制限が設けられました。もしこうした制限区域内でドローンを飛ばす場合には国土交通大臣の許可が必要となります。

さらに改正航空法においては、総重量が200g以上の機体が規制の対象となります。機体重量が200g未満の場合は、規制対象外でおもちゃとしての扱いとなります。ですので、ドローンが200g以上か未満かによって、ドローンを飛ばせる場所や方法も変わってきます。こうした基礎知識を知りたい方はどうぞご覧ください。

2.飛行可能エリアとは

ドローンを飛ばす場合には飛行禁止区域がありますので、飛行制限などの基礎知識をよく理解することが必要です。例えば、東京や大阪、名古屋といった大都市圏のほとんどはドローンを飛ばすことができない人口集中地区に該当します。さらに空港などの近くでもドローンを飛ばすためには事前に許可が必要です。

実は私有地でも許可が必要であり、ドローンと人や建物からの距離も30m以上あける必要があるなど、他にも規制が設けられています。公園や河川敷でも地方自治体が独自に規制を設定している場合がありますので、事前に確認が必要となります。

 

3.安全に飛ばす注意点とは

ドローンはラジコンヘリに比べると、自動操縦機能が付いていることもあり操縦の操作が簡単です。初心者でも安定した飛行が可能な場合が多く、簡便さと手軽さが特徴です。ただし、ドローンの基礎的な特徴や危険性を事前に知っておかないと思わぬ事故に直面する可能性もあります。

例えば回転しているプロペラは鋭利なため、接触すると手や指を切る危険性もあります。さらに室内でドローンを飛ばす際にはGPSが機能しないこともあり、衝突の可能性も高まります。安全への高い意識を持ち、周囲の人々への配慮も行いながらドローンを操縦しましょう。

 

4.ドローン墜落の原因とは

ドローンを操縦していて一番起こってほしくないことの一つは、ドローンの墜落ではないでしょうか。高価なドローンが墜落し故障した際のショックは計り知れません。さらに人の家屋や建物の上に墜落したケースや、他人にけがを負わせて損害賠償を求められるケースもあります。

ドローン墜落の原因としては、突風や砂埃などの天候の影響と、様々な種類の電波障害やバッテリー切れなどの要因があります。ドローンを操縦している以上、ドローン墜落の危険性と常に隣り合わせであることを意識して、十分な注意を払う必要があります。ドローン墜落に関する基礎知識を知りたい方はどうぞご覧ください。

 

基礎知識記事一覧

1

PAGE TOP