株式会社

ドローン購入の流れ

ドローンによる測量のノウハウ

地上で人間が行う測量から、ドローンにより空から撮影を行う測量の方法が主流となりつつあります。100㎡以上の公共工事にはドローンによる測量が推奨され、ドローン測量の重要性は高まっています。
ただしドローン測量を行うにはドローンの操縦技術の他にも、ドローンの特徴やカメラ全般の撮影技術など様々な技術とノウハウが必要になってきます。ドローン測量に関するノウハウや実際に測量を行う際に気をつけるべきポイントを紹介します。

精度の高いドローン測量を行うノウハウ

ドローンによる撮影で測量を行う際に、ドローンを飛ばしてただ測量ポイントを撮影するだけで、精度の高い測量が実現できるわけではありません。ドローンによる測量に関しては様々な技術やノウハウが求められます。その中で最低限知っておくべき基本的なポイントとして、所有している「ドローンの特徴」を理解し、「搭載されているカメラの特徴」や「撮影と操縦のノウハウ」などを知る必要があります。

精度の高い3Dコンピュータグラフィックスを完成させるためには、どの角度からどのポイントを撮影することで、より効率的で正確な3Dを実現できるかという知見も大事になります。

自動航行ソフトを扱うノウハウ

ドローンを操縦する際に、自動航行ソフトやアプリを使う方は多いと思います。測量の際にも自動航行ソフトを用いて操縦を行うケースは半分程度です。最近のソフトやアプリは優秀であるため、自動操縦により撮影を行い画像認識の処理を施せば、3Dコンピュータグラフィックスができるように作られています。

だからといって何も考えずに自動航行ソフトに操縦を任せると、土地の起伏の影響で凹凸が写真にうまく写らず、画像処理ができないケースもあります。自動航行ソフトを扱う場合には、立体造形に関する見識を深めながら事前にインプットする航路を正しく見極めることが重要です。

 

カメラやレンズによる撮影ノウハウ

ドローン測量の際には、操縦技術と同じくらいに大事になるのがドローンに搭載されたカメラでの撮影技術です。測量の精度の高さは、いかに精密で正確な写真を撮影できるかにかかっているからです。

もしオートフォーカスによる撮影で写真がピンボケしてしまった場合には、コンピュータがうまく測量対象を写真上で認識できずに、測量の精度が低くなってしまいます。ですので空撮においては、搭載されたカメラやレンズの違いを認識して、撮影知識やノウハウを理解することは重要です。

 

天候や季節の違いによるドローン測量のノウハウ

ドローン測量においては、天候や季節によって事前に対策を講じる必要があります。雨や雪の日にドローンを飛ばすことができないのは当然のこととして、晴れの日や曇りの日にもカメラの露出量を調整しながら、正確で緻密な写真を撮る必要があります。

さらに冬の寒い日にはバッテリーの消耗が激しくなり、夏の暑い日にはバッテリー自体が故障する危険性も高まります。測量の手法やカメラのノウハウも天候や季節によって対策が異なるため、天気や気温に配慮しながらドローン測量を行いましょう。

 

測量記事一覧

1

PAGE TOP