株式会社

ドローン購入の流れ

株式会社ensembleでのドローン測量の流れ

2017年10月13日 測量

K-58-768×513

ドローン測量が、技術的に進化

ドローンは技術革新が進み、各分野で新しい役割と機能が与えられています。その一つが測量分野でのドローンの活用です。

測量といえば地上で人間の手を用いて行う測量作業が今までは主流でしたが、国の方針により公共工事にはドローンでの測量が推奨され、ドローンによる測量の重要性は日に日に高まっています。

技術の改良と発達により、ドローン測量に関する研究も格段に進歩し、今では測量の現場ではドローンは欠かせないものとなりました。

株式会社ensembleのドローン測量の強み

精度の高い3次元コンピュータグラフィックスの実現

撮影の現場では、ドローンを飛行させる前に地形の起伏や障害物の形や場所を正確に把握し、頭の中で測量対象の3次元形状をイメージして飛行させます。スタッフはカメラでの撮影技術や3次元コンピュータグラフィックスに精通しているため、現場でのドローン操縦の際にも3次元コンピュータグラフィックスに最適な飛行ルートを提案しています。

ドローン測量の場合には、地形や建物の3次元形状をどのような角度からでも、漏れることなく画像として収集できるかが重要で、それにより正確な解析が可能となるのです。精密な撮影データを収集することで、精度の高い3次元コンピュータグラフィックスを実現しています。

ドローン操縦には技術とノウハウが必要

ドローン測量には、自動航行ソフトを用いる場合もあります。自動航行は平面的なエリアを広範囲にまんべんなく飛行させることに優れていますが、立体的な構造物に対しては技術が必要となります。

自動航行の際に、ただ漫然と飛行ルートを決めて自動運転させると、地形や建物の起伏の関係で写真に写らない角度が発生してしまうケースもあります。そうした写真を使用して3次元コンピュータグラフィックスを作成すると、一部の地形や建物に欠けや抜けが生じ、後々の解析の段階で問題が発生してしまうのです。

求められる精度や測量データは現場によって異なり、難易度の高い依頼であればあるほど、ドローン操縦には一定の経験と技術とノウハウが必要となります。

難易度の高い測量現場での実績

難易度の高い測量の場合には、人の手によってコントローラーを操縦し、手動でドローンを操ることが必要な時もあります。弊社ではそうした測量に積極的に取り組み、ドローン測量の技術革新に注力しています。

例えば、橋脚の測量の場合には、上の座標点と地面の座標点には高低差があるので、これを合わせるのは困難ですが、弊社が操縦を担当している株式会社オカベメンテの場合には2mmや3mmの誤差の範囲内で測量を行ってきました。

また3次元コンピュータグラフィックスもどの程度の精度を求めるのかによって、難易度が異なります。きちんとした堆積を測りたい場合には、何mm単位で座標点を付けて3次元モデリングを行う必要があります。

アニメーションの3次元映像制作ノウハウを測量に活用

弊社はもともとアニメーション事業で3次元画像制作の仕事を行っていましたが、同じ3次元画像を扱うドローン空撮へと事業を拡大しています。一見アニメとドローンには関連性がないように見えますが、高機能で精度の高い3次元画像制作という観点で共通項が多いのが実情です。

アニメーションにおける3次元コンピューターグラフィックスでの制作経験やノウハウは、ドローン測量の空撮の際に必須となる、3次元立体構造のイメージを掴む際に有効となっています。

3Dの立体造形技術とカメラ知識の融合

難易度の高い現場の場合には、3Dなどの立体造形の技術以外にも、シャッタースピードや、F値、ISO感度といった、一眼レフカメラの知識も必要となってきます。なぜなら30mを超える高度からの測量の場合には、一眼レフカメラが搭載されたドローンを用いることにより、国土交通省の基準に則った写真が撮影できるからです。

その場合には一眼レフカメラの知識とカメラの機能を使いこなす力量が問われてくるのです。 弊社の場合には、アニメーション事業によりカメラ撮影の技術も長年培ってきたため、カメラの知識とノウハウを持ち合わせています。そして3次元立体造形技術とカメラ知識を融合した中で、難易度の高い測量現場にも精度の高さを追及してきました。今後もさらにドローン測量における革新的な領域を探り、新しい可能性を模索していきます。

ドローン事業の紹介

ドローン測量空撮

ドローンを使った測量においては、土地の測量と共に構造物のドローン測量撮影も行っています。その中では、日本では他に類をみない135 ヘクタールという大規模な測量地でのドローン測量撮影を行い、その他にも断崖絶壁という地理的状況でドローン測量撮影も行っています。

「オルソ画像用の空撮写真」や「3次元モデリング用の空撮写真」が必要な方にも対応しております。

工事進捗ドローン空撮

公共事業の工事においては、進捗状況を国や地方自治体に提出する義務が定められており、1ヵ月に1回程度の進捗撮影をドローンを用いて行われるケースがあります。

計画通りに工事が進捗しているかどうかを確認するため、毎回同じアングルからの空中撮影を行っています。

インフラ点検空撮

公共構造物のインフラ点検をドローンの空撮により行っています。通常撮影および赤外線撮影を行うことにより、公共構造物のコンクリート内部の異常検知が可能となります。

現在は橋梁や橋脚などを中心に点検空撮を行っています。

操縦士紹介

仲宗根雄太

株式会社ensembleでは、2015年からドローンを用いた空撮を行っています。もともと弊社ではアニメーション事業で3次元画像制作の仕事を行っていましたが、同じ3次元画像を扱うドローン空撮へと事業を拡大しました。
ドローンによる測量は様々な技術が必要で奥が深いです。そのため、地形や構造物の形に応じて3次元立体形状を頭の中で描き、事前に十分なシミュレーションをして臨んでいます。
さらにインフラの安全点検においては、一般的にはありえないレベルの高い技能と操縦技術が多く求められ、毎回ドローンに設定された動きの限界を超えた挑戦を行っています。
今後もドローンの新しい可能性を広げる技術革新を行いつつ、難易度の高い現場でのドローンによる測量とインフラ点検を行います。
ドローン事業 2015年~

数多くの「ドローン測量フライト」「インフラ点検フライト」を経験

・NPO 法人グリーンアース 専属操縦士

・株式会社オカベメンテ 専属操縦士

・内閣府 戦略的イノベーション創造プログラム(SIP) ドローンインフラ点検 操縦担当

・測量士補

・DJI インストラクター

アニメ・映像制作 2000年~

制作・作画・彩色・撮影・3次元コンピュータグラフィックスおよび画像解析技術に精通

最新の機材を使用し、万全の対策を実施

ドローン

ドローンの最新の高性能な機種をそろえることで、どんな測量現場、インフラ点検現場にも対応できるようにしています。

  • Matrice210 RTK X5S × 2機
  • Matrice210 X5S × 1機
  • Matrice600PRO RTK仕様 × 1 機
  • Inspire 2 X7 仕様 × 1 機
  • Inspire 2 X4S 仕様 × 2機
  • Phantom 4 Pro × 2機
  • Phantom 4 × 2 機
  • Mavic Pro Platinum × 1 機

(2018年1月現在)

バッテリー

ドローンのバッテリーも数多く準備することで、測量現場での不備のトラブルなどにも即座に対応できるようにしています。

レンズ

超広角レンズから標準レンズまで幅広く取り揃えることにより、測量およびインフラ点検のどんな現場にも対応することが可能です。

  • マイクロフォーサーズ規格 12mm , 15mm , 25mm , 45mm
  • Zenmuse X7専用 16mm , 24mm , 35mm , 50mm

保険

対人対物保険に加入しているため、万が一の墜落や事故などがある場合にも安心です。

保険 : 東京海上日動 対人対物 5億円

許可

日本全国において、 一年を通して時期に関係なく飛行許可を取得済みです。そのため日本全国のどこの現場においても測量が可能です。

※空撮・測量・インフラ点検・保守領域において

お問い合わせは下記よりお願い致します

電話番号

株式会社ensembleへの電話でのお問い合わせはこちらからお願い致します。
お仕事のご依頼などのお問い合わせは、平日10〜18時(土日祝は休み)となっています。

050‐3757-3848

 

FAXでのお問い合わせはこちらからお願い致します。

098-963-6507

メールフォームでのお問い合わせ

メールフォーム

年中無休24時間受付ております。

撮影日について

測量のためのドローンを使った撮影は、土日祝日も行っております。

対応エリア

測量については日本全国どこでも対応が可能です。

海外につきましては、治安や電波法などを確認した上で判断させていただきます。

アクセスマップ

〒177-0051 東京都練馬区関町北4丁目3番1号
〒901-1514 沖縄県南城市知念字具志堅218番地11

コメント..

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

コメント
お名前
メールアドレス

PAGE TOP